食べる 暮らす・働く

野毛で男女300人合コン「濱コン」-都橋商店街のBARやレストランを回遊

前回の濱コンの様子

前回の濱コンの様子

  •  

 横浜市中区の野毛エリアで9月30日、20歳以上の男女300人でグルメと出会いを楽しむ合コンイベント「第1回 濱コン@野毛」が開催される。

 同イベントは、「横濱を愛する日本中の人、濱コンへ集合」をテーマに、「バラエティー豊かな濱のグルメ」と「そこにある出会いを楽しむ」ことをコンセプトとしている。主催は、横浜出身の若手メンバーで構成された「濱コン事務局」。

[広告]

 「濱コン」はこれまで、1,000人規模で行われてきた関内での「濱コン@関内」をはじめ、横浜DeNAベイスターズや横浜ビー・コルセアーズとのコラボ企画や、たまプラーザ(青葉区)・東戸塚(戸塚区)といった地域の街おこし企画を開催。今回は、横浜きっての飲み屋街・野毛での実施。野毛地区街づくり会から濱コン事務局への開催要望により共同で「濱コン@野毛」の開催に至った。

 今回のイベントでは、20歳以上の同世代の男女が自由に回遊しながら、新しい出会いを見つける。受付時に参加者には、NFCタグ付き参加証カードと地図が渡され、開始30分間のみ受付にて定められたエリア内の店舗で飲食。2店舗目以降は、参加証カードの提示で各店舗最大60分、全てのエリアの好きな店舗を自由に移動することができる。

 参加店舗は、野毛のダイニングレストラン「KINPIRA KITCHEN」やイタリアンレストラン「お魚イタリアン サンレモ」、アメリカンバー「バジル」、沖縄料理の「琉球 玉ちゃん亭」、ワニ・カエル・カンガルーなどを食材とした料理を提供する「珍獣屋」、アジア各国の創作料理「151-A」、野毛の人気酒場「ミラクル商会」、都橋商店街の「BAR IBUKI」など19店舗。

 参加者は3回の抽選制により決定する。9月13日に実施された1回目の抽選では100人、9月20日の2回目の抽選では100人、3回目の抽選では100人の定員が決定する。

 濱コン事務局の渡邉大輔さんは「過去6回開催した関内でのイベントについて評価をいただき、野毛地区街づくり会など多数の方から『野毛の魅力を多くの方に伝える方法として濱コンを活用したい』との開催の要望を頂き開催する運びになりました。多くの方が野毛の個性あるお店を体験して頂き、一人でも多くの方が野毛の魅力を伝えてくれればと思います。今後も濱コンというイベントが横浜市内のイベントのインフラになるのはもちろんですが、他のイベントや団体とタイアップして横浜に大きな企画を打ち出せればと思います」と話す。

 受付会場は、JR根岸線桜木町駅特設会場(中区桜木町1)。開催時間は13時~16時30分(11時30分受付開始)。参加対象は20歳以上の男女で、同性2人組での登録が条件。定員300人。参加料は事前申込=男性6,500円、女性4,500円。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?