見る・遊ぶ

関内ホールでクラシック音楽の祭典「横浜ベイ音楽祭」初開催

演目「イタリア音楽vsフランス音楽」より

演目「イタリア音楽vsフランス音楽」より

  •  
  •  

 横浜クラシック音楽振興協会は関内ホール(横浜市中区住吉町4)で7月28日、クラシック音楽イベント「第1回 横浜ベイ音楽祭2012」を開催する。

 クラシック音楽の普及と、音楽による地域活性化を目的とした企画で、プロの演奏家をはじめ、クラシック愛好家、アマチュア団体が出演し、多彩なプログラムを提供する。

[広告]

 無料公演と有料公演を用意し、無料プログラムは、横浜の若手華道家とピアニストのコラボレーションによる「生け花とクラシックのマリアージュ」、横浜のクラシック愛好家による「横浜クラシック音楽愛好家コンサート」、作曲の現場をのぞく「作曲ア・ラ・カルト」、横浜市内のアマチュア吹奏楽団による「パワフル ウィンドオーケストラ」。

 有料プログラムは、クラシック音楽と童謡の名曲を親子で楽しめる「音楽動物園」、横浜の美人演奏家による「夢の饗宴」、観客の拍手で勝者を決定する「イタリア音楽vsフランス音楽」など。有料公演共通パスポートの購入で、全ての有料プログラムを鑑賞することができる。

 横浜クラシック音楽振興協会の内田奈津子さんは「子どもから大人まで好きなプログラムを選んで楽しめる音楽イベントです。『イタリア音楽vsフランス音楽』は、イタリア音楽、フランス音楽をこよなく愛する演奏家によるバトル形式のコンサートで、留学経験のあるレベルの高い演奏家が多数出演。本場イタリア・フランスの音楽の魅力をプレゼンと演奏で届け、最終演奏曲は観客の拍手によって決定します」と話す。

 開催時間は11時~19時(10時30分開場)。全有料公演共通パスポートは、一般2,000円・学生1,500円・当日2,500円。問い合わせは横浜クラシック音楽振興協会(TEL 045-641-5365)まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?