横浜の観光スポット周遊バス「あかいくつ」が運行ルート増設

横浜の観光スポット周遊バス「あかいくつ」

横浜の観光スポット周遊バス「あかいくつ」

  •  
  •  

 横浜市交通局は7月20日、横浜の観光スポットを巡る周遊バス「あかいくつ」の運行ルートを増設した。

 「あかいくつ」は、2005年3月に地下鉄みなとみらい線沿線の観光施設をまわる路線バスとして運行を開始。赤をベースとしたレトロ調のバスで、桜木町駅前を起点にみなとみらい21地区、中華街、山手地区エリアを毎日運行している。

[広告]

 今回、横浜を訪れる観光客の利便性の向上を図り、運行ルートをこれまでの1ルートから「みなとみらい(M)ルート」と「中華街・元町(C)ルート」の2ルートに変更。乗車率の高い「桜木町駅前」から「赤レンガ倉庫・中華街」へのアクセス短縮を目的にこれまでのルートを分割し、バス停3カ所「国際橋・カップヌードルミュージアム前」「万国橋・ワールドポーターズ」「横浜第二合同庁舎」を新設した。

 みなとみらい(M)ルートは、桜木町駅前~みなとみらい大通~4丁目駐車場~アンパンマンミュージアム入口~新高島駅前~マリノスタウン前~展示ホール~パシフィコ横浜~国際橋・カップヌードルミュージアム前~赤レンガ倉庫~万国橋・ワールドポーターズ前~横浜第二合同庁舎~馬車道駅前~桜木町駅前。所要時間は1周35分程度(時間帯による)。

 元町・中華街(C)ルートは、桜木町駅前~馬車道駅前~横浜第二合同庁舎~万国橋・ワールドポーターズ前~赤レンガ倉庫~新県庁前(横浜三塔前)~日本大通り~中華街(朝陽門)~元町入口~港の見える丘公園前~元町入口~マリンタワー前~山下公園前~大桟橋(入口)~大さん橋客船ターミナル~赤レンガ倉庫~万国橋・ワールドポーターズ前~横浜第二合同庁舎~馬車道駅前~桜木町駅前。所要時間は1周65分程度(時間帯による)。

 運行間隔は、Mルート=平日40分/土曜・日曜・祝日30分、Cルート=平日20分/土曜・日曜・祝日15分。運行時間帯は、Mルート=平日10時~18時台/土曜・日曜・祝日10時~19時台、Cルート=平日10時~19時台/土曜・日曜・祝日10時~20時台。料金は、これまで通り大人100円、小児50円。

 横浜市交通局観光企画課の野村大樹さんは「桜木町駅から赤レンガへ向かい、次に中華街という順路がもっとも人気のある観光コースですが、今回のルート増設で、この順路の運行時間が短くなりました。夏休みはぜひ『あかいくつ』を利用して横浜巡りを楽しんでいただければ」と話している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?