3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

桜木町・音楽通に「Trattoria BASIL」オープン-バジル5号店

「Trattoria BASIL」店長の佐々木琢さん

「Trattoria BASIL」店長の佐々木琢さん

  • 0

  •  

 桜木町の音楽通りに2月2日、飲食店「Trattoria BASIL(トラットリア バジル)」(横浜市中区花咲町2、TEL 045-241-3708)がオープンした。

 トラットリア バジルは、イタリアの大衆食堂をイメージしたイタリア料理店。ピッツァやパスタ、オーブン料理などを提供する。店内はオレンジ色を基調としたぬくもりのある雰囲気で、店舗面積は約40平方メートル。席数は18席(カウンター8、テーブル10)。

[広告]

 同店のおすすめ料理は、ピッツァ=石釜焼きマルゲリータ(880円)・お好きなピッツァのハーフ&ハーフ(1,280円)、パスタ=BASILジェノベーゼ(880円)・いつものカルボナーラ(980円)、あつあつオーブン料理=季節のお野菜のあつあつ鉄板焼き(880円)・山盛りムール貝の白ワイン蒸し(880円)、その日の鮮魚から選べる「本日のお魚のアクアパッツァ」(1,280円)など。

 そのほか、「2人のBASILおすすめセット」(2人で3,800円)、「3人のお好みセット」(3人で7,200円)など、ボリュームのあるコース料理も提供する。

 店内のワインケースには、各国の銘柄ワインを価格ラベル付きで収納。好みのワインを自由に手に取り選ぶことができる。ボトルワインは1本2,000円~。コース料理を注文した場合は、全ボトルワインが200円引きに。

 野毛で1号店イタリアンバー「Italian Bar BASIL」、2号店ワインバー「Cheese & Wine BASIL」、3号店アメリカンバー「American Bar BASIL」、4号店「Cafe BASIL」を経営するオーナーの奥山雄さんは、「今回も物件を見て『こんなお店があったらいいな』というイメージを膨らませてカタチにした。バジルで初めての着席スタイルですが、これまでのバジルと同じように、お店の中でお客様同士の輪が広がるような空間を演出した」と語る。

 また、店長の佐々木琢さんは「バジルの『おいしいものをリーズナブルに』という基本スタンスはそのままに、トラットリア自慢のメーン料理をゆっくりとお楽しみ頂けます。お食事シーンに合わせて1号店のイタリアンバーと使い分けてもらえれば」と話している。

 営業時間は16時~24時。2月のみ日曜・祝日定休。5月1日に5周年を迎える1号店イタリアンバー「Italian Bar BASIL」は、2月11日にリニューアルオープンする。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?