横浜でカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+」-88団体が出展

昨年行われた「CP+」の様子

昨年行われた「CP+」の様子

  •  
  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で2月9日から12日まで、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)2012」が開催される。

 シーピープラスは、88社・団体のカメラと写真映像に関わる出展ブースが集まるカメラと写真映像の総合展示会。今年は「ワールドプレミア 伝える、つながる、写真の力」をテーマに、トークショーやセミナー、製品・写真展示、フリーマーケットなど多彩なイベントを行う。動員目標は4日間で5万人。主催はカメラ映像機器工業会(東京都千代田区)。

[広告]

 出展ブースには「エプソン」「オリンパス」「キヤノン」「ソニー」「ニコン」「パナソニック」「富士フイルム」「三菱電機」「リコー」などの企業が出展し、カメラやレンズのほか、フォトプリンター、画像処理ソフト、携帯機器、ディスプレー、プロジェクター、スタジオ用品・機材など、写真映像関連商品や最新技術を紹介する。

 イベントは、「伝説の写真家集団『マグナム』から学ぶ。最強の『写真の撮り方・読み方』集中講座」(9日)、フォトグラファーの桐島ローランドさんをゲストに迎えたFMヨコハマプレゼンツ「あったか写真を撮るためのスペシャルトークショー」(11日)、「世界で売れる写真集とは」テラウチマサト×Michael Famighetti(12日)ほか。

 CP+事務局は「写真が持っているさまざまな力をあらためてアピールする4日間。『マグナム・フォト』メンバーで世界的に高い人気を誇る写真家のエリオット・アーウィットさんも来日し、9日に総合写真イベント『フォト・ヨコハマ2012』の特別イベントとしてトークショーを行います」と話す。

 会場はパシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール)。開催時間は、9日=12時~17時、10日・11日=10時~17時、12日=10時~16時。チケットは当日一般1,000円(WEB事前登録で入場無料)。詳細はホームページで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?