暮らす・働く

横浜を拠点にNPO「こころthe士業」が発足-社労士や税理士が連携

10月15日に行われた設立記念パーティーの様子

10月15日に行われた設立記念パーティーの様子

  • 0

  •  

 横浜を拠点として活動するNPO法人「こころthe士業」が発足し、10月15日にかながわ労働プラザ(横浜市中区寿町1)で設立記念パーティーが行われた。

 同団体は、社会保険労務士や税理士などの士業を営む個人事業者が集まって勉強会や主催セミナーなどを行う組織。各種士業の資格を持つ人に加え、資格取得を目指す人や興味のある人なら原則として誰でも参加することができる。

[広告]

 有志で勉強会を行っていた「SRネット横浜」が母体で、地域でのセミナーや相談会などを通じた社会貢献を目指してNPO法人格を9月に取得した。現在のメンバーは約30人で、主に神奈川県内で業務を営む社会保険労務士や税理士、行政書士、中小診断士などが所属している。団体名の「こころthe士業」は「志(こころざし)」と士業を掛けた言葉だという。

 15日に行われた設立記念パーティーでは、NPO設立の趣旨や経緯に加え、今後の方向性やビジョンとして、多くの他士業との連携を深めつつ活動を広めていくことなどが説明された。

 こころthe士業の代表を務める社会保険労務士の白石清裕さんは「今までの士業の勉強会は内向きなものがほとんど。それを外へと発信することを意識し、知識やそれを分かりやすく伝える技術の向上も目指して活動しています。また、企業における従業員満足度や顧客満足度をもっと広くとらえ、コミュニティや地域の満足度を高めていければと思っています。勉強会やセミナーに気軽にご参加ください」と話す。

 今後の予定として、一般企業の総務・人事担当者を対象とした雇用・賃金・職場環境などがテーマのセミナーが11月・1月・3月にかながわ労働プラザで予定されているほか、11月からは横浜・関内で創業支援をテーマとしたセミナーシリーズも行われる。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?