新型コロナ関連速報1日:市内4人/県内9人を確…

買う

神奈川近代文学館で遠藤周作展-小説「沈黙」の草稿も

遠藤周作展の様子

遠藤周作展の様子

  • 0

  •  

 横浜・港の見える丘公園内にある県立神奈川近代文学館(横浜市中区山手町110)で、「没後15年 遠藤周作展―21世紀の生命(いのち)のために―」が開催されている。

[広告]

 同展は、「母なるもの」「西洋の神と文学」「生命の河へ―遠藤文学の展開」など5部構成。草稿、書簡、書など約500点を展示する。

 江戸時代のキリシタン弾圧を描いた「沈黙」からは草稿や創作ノートなどを展示。出版前年には「日向(ひなた)の匂い」というタイトルだったが、直前にタイトル変更された出版広告も紹介する。

 書簡も豊富に展示。遠藤周作が慶応大学の先輩作家、堀田善衛に宛てた書簡41通が同館所蔵の「堀田善衛文庫」のなかから発見され今回初公開。マザー・テレサや江藤淳、瀬戸内寂聴らと交わした書簡も並び、交流の広さをうかがわせる。

 また、5月22日には作家・高橋千劔破(ちはや)さんと講談師・神田蘭さんによる講談とトーク「信長の愛した女たち 遠藤周作の歴史小説から」を実施する。

 ほかにも、閲覧室では「海と毒薬」の初版本を含めた290冊の遠藤周作作品を無料で堪能できる。

 神奈川近代文学館展示課学芸員・野見山陽子さんは「遠藤周作の活動はあまりに多面的で多彩ですが、本展では遠藤周作の真の姿を現代の目から探ります。文学資料だけでなく、子ども時代から晩年までの写真にも遠藤がいかに特異な作家であったかが表れていて、長年の愛読者の方にも新たな遠藤周作像を発見していただけることと思います」と話す。

 会場は神奈川近代文学館展示室。開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)。観覧料は一般=600円、65歳以上・20歳未満および学生=300円、高校生=100円、中学生以下は入場無料。6月5日まで。詳細・問い合わせは神奈川近代文学館ホームページから。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース