見る・遊ぶ

赤レンガ倉庫に期間限定「スケートリンク」-光と音のアートを演出

野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」

野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」

  •  
  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で12月8日、野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」の営業がスタートした。

 「アートリンク」は、毎年異なる光・音の演出とアイススケートとのコラボレーションによる冬季限定のスケートリンク。6回目を迎える今年は、横浜の姉妹都市フランス・リヨンで行われている冬の風物詩「光の祭典 フェット・デ・リュミエール」に参加するアーティスト集団「XLR PROJECT」がアート部分を担当。「Ice Painting Dreams(氷上に描く夢)」をテーマに光と音のアートを、40メートル×23メートルのアートリンクに展開する。

[広告]

 今年の演出は、観客自身がアート世界をつくりだす、音と映像のインスタレーション(空間芸術)。リンクの氷の下に音センサー、リンク周辺には動作センサーを設置し、スケートをする人の動きにより、音と映像がリアルタイムで変化する。

 そのほか、赤レンガ倉庫正面の壁面全体にアート作品を投影するほか、リンクの柵にはクリスマスシーズンにパリのシャンゼリゼを彩る雫型のイルミネーションをイメージした照明を施す。

 期間中は、小・中学生を対象にした初心者対象の「はじめて1日教室」、経験者対象の「4日間教室」を開講。申込みはスケート教室係(TEL 045-211-1515)まで。

 横浜赤レンガ倉庫1号館の中祖杏奈さんは「今年は初めて海外のアーティストがアートリンクを演出しました。『XLR PROJECT』がデザイン・製作した照明器具を通して、スケートをする観客自身がクリエイトするものです。シンセサイザーと効果音が生み出す演出をお楽しみください」と話す。

 開催時間は平日=13時~22時、土曜・日曜・祝日=11時~22時(12月24日は13時~24時、31日は11時~翌5時。2011年1月1日~3日=11時~22時。2月24日は休業)。入場料は大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)400円、3歳以上300円。貸靴料500円、付添観覧料200円。2月28日まで。

 XLR Projectは、ニコラ・ティコさんが率いるマルチメディア・アートのアーティストグループ。リヨンを拠点とし、10年前から都市空間での音と映像によるインタラクティブなインスタレーションを展開。フランス、ヨーロッパ諸国、アメリカ、アジア諸国で、すでに300以上の演出を手掛けている。2009年にはリヨン都市圏(Grand Lyon)から「ラ・グリフ・リヨネーズ」賞を受賞。今回の横浜でのアートリンクは、リヨン市により「光の祭典 フェット・デ・リュミエール」の一環として認定されている。

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場では、ドイツのクリスマスマーケットを再現した「クリスマスマーケットin赤レンガ倉庫」が12月25日まで開催されている。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?