買う

横浜高島屋で「チャリティサンタ人形」-WFP食糧支援に寄付も

限定販売されるオリジナルチャリティサンタ人形「愛を届けるサンタさん」

限定販売されるオリジナルチャリティサンタ人形「愛を届けるサンタさん」

  •  

 横浜タカシマヤ(横浜市西区南幸1)の1階特設会場で11月24日、クリスマスのチャリティ活動につながる「オリジナルチャリティサンタ人形」の販売が始まった。

 チャリティサンタ人形は、絵本「スノーマン」の作者レイモンド・ブリッグズさんがデザインしたキャラクター。1995年より毎年クリスマスのチャリティ企画としてタカシマヤで発売されている。2006年よりWFP国連世界食糧計画への寄付がスタートし、昨年の収益総額は4,284,487円。

[広告]

 今年はクリスマスのオーナメントとしても利用できる、カラフルなハートを背負った高さ約5.4センチメートルのサンタ人形「愛を届けるサンタさん」(300円)を提供する。販売数はタカシマヤ全店20店舗で限定43,500個。

 初日の24日は、世界の飢餓と貧困に対する食糧支援活動をサポートする国連WFP協会(西区みなとみらい1)のWFP学生ボランティア6~7人が中心となり、そろいのTシャツを着用してチャリティへの賛同を呼び掛ける(10時~13時)。

 国連WFP協会の事業部 イベントプロデューサーの山口今日子さんは「オリジナルチャリティサンタ人形の販売も今年で16年目、WFPの食糧支援への寄付は5回目を迎えます。デザインが毎年変わることもあり、コレクターズアイテムとして大人気のサンタ人形。今年はたくさんのハートを背負った『愛を届けるサンタさん』が飢えに苦しむ子どもたちに希望を届けます」と話す。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?