3密を避けて新しい生活様式へ!

横浜・野毛のサンバチームが浅草サンバカーニバルで初優勝

浅草サンバカーニバルで初優勝を達成した「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」(撮影=渡部晋也)

浅草サンバカーニバルで初優勝を達成した「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」(撮影=渡部晋也)

  • 0

  •  

 8月28日に東京都内で行われた「第30回浅草サンバカーニバル」で、横浜・野毛を拠点とするサンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」が初優勝を飾った。

 同カーニバルは、国内でも最大級のサンバイベントとして毎年行われているもの。東京・下町の夏の風物詩の一つとして定着し、30回目を数える今回は各地から16チームが参加した。各チームは浅草・馬道通りから雷門通りを約40分かけてパレードし、テーマの表現やダンスの躍動感、衣装、演奏などを基準として、総合的に順位が決定される。

[広告]

 サウーヂは1986年に横浜・野毛で結成されたサンバチームで、チーム名のサウーヂはポルトガル語で「乾杯」の意味。横浜在住の20~30代を中心に約300人が所属する一方で、小学生や年配のメンバーもおり、家族での参加も目立つという。浅草サンバカーニバルのほか、毎年4月に行われる「ヨコハマ大道芸」への参加やサンバを楽しむイベントの開催など、年間を通して活動を行っている。

 メンバーはそれぞれ仕事を持っているため、普段は平日夜に部隊ごとの練習を行い、週末には市民プラザやホールを貸し切って全体練習を実施。今年は「愛」をパレードテーマに掲げ、衣装や振り付けに加えて作詞や作曲もチームメンバーが手作りで製作。昨年9月から練習を行ってきた。浅草カーニバルでは最もレベルの高い1部リーグ「S1サンバ・リーグ」に属し、これまでに準優勝4回、3位を5回受賞。今回は25回目の出場で、悲願の初優勝を達成したことになる。

 エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂの代表を務める石山和男さんは「率直な感想はうれしいの一言です。国内を代表するサンバカーニバルで、人間の普遍的な愛という今回のテーマ性やシナリオ、それにメンバーの躍動感や笑顔を評価してもらったこと。それと、このうれしさをメンバーと共有することができたのが何よりも幸せです」と話す。

 チームは今後、9月11日に秋田県で行われる「おなごりフェスティバルin能代2010」にも出場予定。イベントへの出演依頼受け付けやメンバー募集も随時行っているという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?