3密を避けて新しい生活様式へ!

横浜市中央卸市場で新婚カップル向け「お魚クッキング教室」

昨年行われた料理教室の様子

昨年行われた料理教室の様子

  • 0

  •  

 横浜市中央卸売市場(横浜市神奈川区山内町1、TEL 045-459-3336)で9月11日、新婚カップルを対象にした「お魚料理教室」が行われる。

 同教室は、中央卸売市場が魚食普及啓発事業の一環として毎年実施しているもの。おいしく魚を食べたいけど、おろし方や調理法が分からないという新婚カップルを対象に、新鮮な魚介類を用いて下ごしらえや調理のコツを指導。楽しみながら調理し、試食も行う。

[広告]

 講師を務めるのは、料理教室ミルハウス主宰の沢田けんじさん。料理研究家・フードコーティネーターとして活躍し、テレビの料理番組にも出演。フレンチ・イタリアンなどの西洋料理のほか、エスニックや家庭料理も手がけている。

 横浜市中央卸売市場の担当者・河本和彦さんは「お魚のさばき方がよく分からないという市民の方の声から始まった教室です。切り身の魚も便利ですが、まるごと一匹を使うことで、知らなかったおいしい部分や、切り方についてお分かりいただけると思います」と話す。

 会場は同市場本場センタービル3階の調理室、開催時間は10時~13時30分。応募条件は結婚して約5年以内の夫婦か、今後1年以内に結婚予定のカップル。定員は20組40人。参加費用は1組1,000円で、当日現金で支払う。申し込みは所定の用紙を郵送かメール、ファックスまたは電話(平日午前9時~17時)で受け付け。締切は8月20日必着、応募多数時は抽選。

 横浜市中央卸売市場は、1931年に全国で3番目、東日本では最初の中央卸売市場として現在の神奈川区山内町に開設。青果や水産物、鶏卵などを取り扱うほか、地元産の食材を用いた調理教室なども随時開催されている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?