みなとみらいにアメリカンレストランバー「JO’S BAR」

アメリカンレストランバー「JO’S BAR」

アメリカンレストランバー「JO’S BAR」

  • 0

  •  

 レストラン経営を行う「アメリカンハウス」(横浜市中区元町4)は、ランドマークプラザ5階にレストランバー「JO’S BAR(ジョーズバー)」(西区みなとみらい2)をオープンした。

 JO’S BARは、古き良きアメリカの懐かしさとあこがれを感じさせるカジュアルなレストランバー。オーナー自らが現地で買い付けしたヴィンテージ物のパブミラーが壁一面に施された店内で、アメリカ料理を中心としたメニューとスイーツ、ドリンクを楽しむことができる。店舗面積は15坪、席数30席(カウンター6席、テーブル24席)。

[広告]

 フードは小皿料理(冷菜)からグリル料理、ピザ、温菜、パスタまで幅広く用意し、同店のおすすめメニューは、「メガ盛り フライドチキン」(580円)、オリーブオイルとガーリックで熱々に仕上げたタパス「海老のアヒージョ」(680円)、トルティーヤ生地を使った「ブルーチーズ&ハニーピザ」(990円)、パスタ「大辛ペペロンチーノ」(620円)ほか。

 ランチタイムは、「テキサスB.B.Q.チキンプラタ-」(980円)や「JO’Sカレー」(650円)、ピザ、パスタを提供(全品サラダ・ドリンク付き)。ディナータイムにはお代わり自由の「バゲット」がつく(パン代250円)。

 ドリンクは、同店オリジナルのフローズンカクテル「ラズベリーマルガリータ」(800円)をはじめ、好みのスピリッツ(ウォッカ、ラム、テキーラ、ジン)にフルーツをつぶした果汁をミックスしたさわやかな味わいの「フルーツスパークリングカクテル」(各750円、ノンスピリッツ580円も選べる)、ドラフトビール、ワイン、ウイスキー、ソフトドリンクなど豊富にそろえる。

 デザートは、リンゴパイに冷たいバニラアイスをトッピングした「アップルパイ」(780円)、バニラアイスにエスプレッソコーヒーをかけた「カフェコンジェラート」(580円)など。

 店長の大森浩幸さんは「カフェ仕様からごはんまで、どうぞ自由にご利用ください。状況に応じてランチ以外の時間帯でもランチメニューをお作りできるかもしれないので、お店でお気軽にお声掛けください」と話す。

 営業時間はランチ=11時~15時、カフェ=15時~17時、ディナー=17時~23時(L.O.はフード22時、ドリンク22時30分)。11時~14時は禁煙タイム。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?