馬車道にフレンチ店「バルブ ブランシュ」-ひげのオーナー宮内さん

シェフにおまかせコースより「城ヶ島イサキの生海苔風味、セロリのピュレとともに」

シェフにおまかせコースより「城ヶ島イサキの生海苔風味、セロリのピュレとともに」

  • 0

  •  

 飲食店業を営むバルブ・グループは中区・馬車道に3月5日、フランス料理店「バルブ ブランシュ 関内・馬車道店」(横浜市中区弁天通4)をオープンした。

 バルブ ブランシュは、「誰もが楽しめるフレンチ」をコンセプトにしたカジュアル・フレンチレストラン。食材は、バルブ・グループを経営する「ひげのオーナー」宮内重明さん自らが全国を回り見つけた安心・安全な素材を利用。シンプルを基調にした落ち着いた個室2部屋(24席、26席)を備え、店舗面積は40坪。関内・馬車道店は姉妹店を含め、横浜市内で4店舗目の展開となる。

[広告]

 店名の「ブランシュ」は、フランス語で「白」という意味。白いキャンバスに絵を描くように、新しい発想で料理を創造するという思いが込められている。同店に決まったメニューはなく、産地直送の新鮮な食材でその日の料理が決まる。

 シェフは横浜の食文化の探究・発展のために活動を続ける「横浜ガストロノミ協議会」会員の山木貴弘さん。色彩感覚を生かした盛り付けと、視覚ともに味わえる絵画のような料理が話題を呼んでいる。ランチコース=1,500円~、ディナーコース=3,200円~。

 毎月、第2・第4火曜日のランチタイムには、クラシックやジャズの生演奏を予定。3月16日には、関内で活躍するニューヨーク帰りのピアニスト友金まゆみさんが登場した。

 宮内さんは「バルブ・ブランシュは良い食材をつかって出来る限りリーズナブルに演出するよう考えております。サービススタッフもどことなく楽しいかもしれません。是非一度食べにいらしてください」と話している。

 営業時間はランチタイム=11時30分~(ラストオーダー14時30分)、ディナータイム=17時30分~(ラストオーダー22時、土曜・日曜・祝日は21時)。月曜定休(月曜祝日の場合は翌火曜休業)。馬車道スクエアビル2階。

 バルブ・グループは「バルブ ブランシュ」(関内・馬車道店)のほか、「パレ・ド・バルブ」(新杉田)、「ビストロ・バルブ」(東戸塚)、姉妹店の「ビストロ・ペペ」(石川町・元町)を展開している。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?