新型コロナ関連速報30日:市723人/県236…

マリンタワーが「夜の階段イベント」-展望階まで335段を開放

「スターダストイルミネーション」点灯中のマリンタワー

「スターダストイルミネーション」点灯中のマリンタワー

  • 0

  •  

 横浜マリンタワー(横浜市中区山下町15、TEL045-664-1100)では、12月19日からイルミネーションや夜景を楽しみながら展望フロアまでの階段をのぼる参加型イベント「階段de Stardust Night!!」を開催している。

[広告]

 同企画は、これまで昼間限定で行っていた展望フロア階段イベントを初めて夜に実施するもの。タワー鉄骨内部の5階屋上部分から29階の低階層展望フロアまでの階段を開放し、希望者は各自のペースで自由にのぼることができる(下りはエレベーター利用、参加には展望フロア入場券が必要)。

 階段は全335段で、所要時間は最短で10分ほど。現在、マリンタワーではクリスマスシーズンを彩る「スターダストイルミネーション」を点灯中で、ライトアップされたタワーのトップから光のドットが流れるように落ちていく様子も間近で見ることができる。

 マリンタワーの階段イベントは以前から人気の恒例企画で、リニューアルオープン後、10月から11月にかけて初めて実施した昼間のイベントには約1,500人が参加したという。

 横浜マリンタワーの松本典子さんは「みなとみらいやベイブリッジ、工場夜景など、冬は空気が澄んで横浜の美しい夜景やイルミネーションが一層きれいに見える時期となります。また、当タワーを美しく彩るスターダストイルミネーションもすぐ間近でお楽しみ頂けます。夜の階段イベントは期間限定の実施です。暖かい格好でお越しください」と話す。

 参加受付時間は毎日17時~21時(雨天・強風時は中止)。12月31日まで。展望フロアの入場料は大人750円、中高生500円、小学生250円、幼児(3歳以上)200円。

 マリンタワーは、1961年の開港100周年記念事業として建設され、横浜のシンボルとして長く親しまれてきた。2006年12月にいったん営業を終了し、その後、横浜開港150周年記念事業の一環として市が取得。民間と予算をあわせ総事業費約39億円で改修し、今年5月23日にリニューアルオープンした。タワーの全長は106メートルで、展望フロアの高さは91メートル。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース