「横浜手縫い鞄」が自転車用高級革製品のネットショップ開設

「maware」の自転車用フロントバッグ

「maware」の自転車用フロントバッグ

  • 0

  •  

 オーダーメイドで手縫いの革鞄を製造販売する「横浜手縫い鞄」(横浜市中区太田町2)は6月1日、自転車用高級革製品の販売を行うWEBサイト「maware(まわれ)」をオープンした。

 「maware」は、2008年4月に横浜で創業し、オーダーメイドによる手縫いの革鞄、革小物を製作してきた「横浜手縫い鞄」が、自転車用のレザーバッグ、レザーアイテムなどをイージーオーダーで受注販売するブランドで「100万円以上の自転車の購入者を満足させること」を目標としている。

[広告]

 WEBサイト上で、革製品の形・革・糸の色などのオーダーを受け付け、職人がハンドメイドで製作する。最高級レザーを使用し、革鞄職人が、馬の鞍(くら)の縫製に使われた時間と技術を要する手縫いの技術「サドルステッチ」による縫製により、型くずれしにくい製品を提供する。

 商品は、レザーグリップ(27,000円~)、サドルバッグ(138,000円~)などの自転車用品のほか、財布(38,000円~)、コインケース(38,000円~)などの革製品をそろえている。

 同社は、100万円を超えるイギリスの高級自転車「アレックス・モールトン」のカスタムバイクを販売する「サイクランドコーフー」(東京都品川区)の相互技術協力で、コラボレーションモデルの企画・開発も行っていくという。

 自身もサイクリストで、同社代表の片岡好博さんは「横浜はヨーロッパなど海外の情報やセンス、自転車についての情報も入りやすく、サイクリストのためのブランドを構えるのに最適の場所。イージーオーダーで、自転車用アイテムからビジネスアイテムまで愛車とコーディネートできます。通勤やオフィス、書斎でも自転車生活を楽しんでいただきたい」と話している。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?