横浜で大規模観光キャンペーンが始動―年間観光客5,000万人が目標

劇団四季CATSの出演者も参加してテープカットが行われた

劇団四季CATSの出演者も参加してテープカットが行われた

  • 0

  •  

 「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」のオープニングセレモニーが6月1日、本保芳明観光庁長官、中田宏横浜市長、東日本旅客鉄道の関係者らが参加して桜木町駅前広場で行われた。

 セレモニー会場には、横浜開港150周年記念事業のマスコットキャラクター「たねまる」や、JRSuicaのキャラクターのペンギンも姿を見せ、11月にみなとみらい21地区にキャッツシアターを新設する劇団四季CATSの出演者らもゲストで登場した。

[広告]

 同キャンペーンは、JRグループ6社と横浜市、観光関連事業者などが一体となり、横浜開港150周年の時期に合わせて、横浜の魅力的な観光エリア・イベントを全国的に宣伝して集客を図る、国内最大規模の観光キャンペーン。横浜開港150周年の横浜を全国に向けて発信し、横浜市が2009年の目標とする観光入込客数5,000万人の達成を目指す。

 セレモニーでは、日本ツーリズム産業団体連合会会長の船山龍二さんが「このキャンペーンを機に、市民の皆様には横浜の魅力を再確認し、誇りを持って欲しい。そして、観光客を迎え入れて頂きたい。それは『第二の開港』と言えるのではないでしょうか」と挨拶した。

 同キャンペーンの拠点としてリニューアルオープンした「桜木町駅前観光案内所」には、ニューヨーク・トライベッカで人気の「Bubby's」の日本第1号店「バビーズ横浜」が併設され、テイクアウトメニューを多数そろえたカフェと、多人数にも対応するダイナーレストランの2業態で営業する。

 メニューは、イングリッシュマフィンにポーチドエッグをのせ、オープンキッチンで焼き上げるエッグベネディクト(1,000円)やバビーズバーガー(850円)のほか、 キリンビール横浜工場内に再現された日本初のビール醸造所「スプリングバレーブルワリー」だけで製造されている「スプリングバレービール」(750円)などを提供する。同店は2年間の期間限定営業。

 桜木町駅観光案内所のオープン時間は9時~19時。「バビーズ横浜」はカフェが8時~22時、レストランが11時~23時。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?