横浜タカシマヤで冬季限定フルーツビール-廃果リンゴを活用

アップルシナモンエール

アップルシナモンエール

  • 0

  •  

 地ビール製造販のサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は11月1日より、横浜タカシマヤなどで冬季限定のリンゴのフルーツビール「アップルシナモンエール」を販売する。傷や規格外で売り物にならない果物「廃果」を有効活用する試み。

[広告]

 「アップルシナモンエール」は、通常のビールより高温で焙煎した「カラメルモルト」と長野県・伊那産リンゴ、シナモンを使用して、「アップルパイ」のような甘く香ばしい風味が特徴の発泡酒。同社では、果物の全体生産量3分の1にあたるという廃果を有効活用しようとプロジェクトを立ち上げ、今回はその1弾。初回醸造(2,000リットル)に約400個の廃果リンゴが使用された。

 価格は450円(330ミリリットル)。横浜タカシマヤほか新宿店、日本橋店で12月末ごろまで販売予定。

サンクトガーレン関連記事(ボジョレ・ヌーボー解禁に合わせ長期熟成ビール限定販売)

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース