赤レンガ倉庫にサッカーW杯日本代表の応援基地が出現

  •  

日本サッカー協会とキリンビールは5月28日、ワールドカップドイツ大会の日本代表チームを応援する「SAMURAI BLUE 2006」プロジェクトの一環として、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にサッカー日本代表の応援基地「SAMURAI BLUE PARK」を期間限定で開設する。基地内には「KIRIN SUPPORTERS' STATION」として約30メートル四方の青色のテントを設置し、ドイツでの日本代表のキャンプ地であるボン市に開設される応援基地「G-JAMPS」にサポーターから寄せられる応援メッセージを届けるほか、ドイツから送られる日本代表の最新映像を大型スクリーンで放映する。また、飲食スペースとして「KIRIN SAMURAI BLUE BAR」を開設し、ビールをはじめオリジナルの日本代表応援カクテルやドイツ料理を提供するほか、サッカーミュージアムとして、日本代表関連の展示を行う。屋外エリアにはキックスピードコンテストなどのゲームコーナーを設置する。開設時間は平日が13時~21時、土日祝日が11時~19時。入場は無料(終了時期は日本代表チームの結果により異なる)。

SAMURAI BLUE 2006

[広告]

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?