見る・遊ぶ

横浜で「トライアスロン・パラトライアスロン」世界大会 トップ選手が集結

  • 28

  •  

 世界のトップアスリートが横浜に集結する「2024ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会」が5月11日に開幕した。

横浜大会 オフィシャルガイド デジタル版

[広告]

 大会には、世界からトップアスリートが集結する。2カ月後に迫るトライアスロン競技のパリ2024オリンピックに向けた世界シリーズの今季の初戦となる大規模な公道レースで、山下公園周辺特設会場などで開催。パリ2024オリンピック日本代表選手選考大会として、国内の選手が出場権を賭けて競う。2023年大会にには2日間で延べ33万人の観客が集まった。

 トライアスロンは、スイム(水泳)、自転車(バイク)、ランニング(ラン)の3種目を連続して行う競技で、2000年シドニー大会からオリンピックの種目となっている。横浜では、2009年に開港150周年記念事業として開催された「ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会」として始まった。

 ワールドトライアスロンシリーズに併設されたエイジ大会は、「エイジグループナショナルチャンピオンシップシリーズ」として、16歳から80歳まで、約1,800人の幅広い年齢層の方々が参加する。

 パラトライアスロンの大会では、昨年よりも10人増えて80人(5月8日時点)のエリートパラ選手が12クラスでスイム750m、バイク20km、ラン5kmのスプリント競技を競い合う。

 横浜では、2024年は14度目の開催となる。パラトライアスロン競技は、2011年から横浜で実施され、リオ2016パラリンピックから正式競技となった。2017年から世界シリーズ化され、横浜は2024年で世界最多の7度目の開催となる。12日まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

あなたやあなたの関わるイベント・店舗などは、これまでに何回ヨコハマ経済新聞に掲載されたことがありますか

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース