食べる 買う

ホテルニューグランドが新店舗「エスワイル」 食とライフスタイルを提案

  • 69

  •  

 ホテルニューグランド(横浜市中区山下町10)は4月29日、グランドメゾン山下公園1階に新店舗「S.Weil (エスワイル)by HOTEL NEW GRAND」(中区山下町31)をオープンする。

「S.Weil by HOTEL NEW GRAND」のロゴはサリー・ワイルさんの横顔

[広告]

 日本の西洋料理に自由と革新をもたらした初代総料理長サリー・ワイルさんの功績と技を受け継ぎ「やわらかな正統派」をコンプセプトとした食とライフスタイルを提案する店舗。ブランド名の「エスワイル」は、サリー・ワイルさんの弟子が作った洋菓子の名店「エスワイル」を受け継いでいる。

 新たなブランド商品として、コーヒーの香り立つ味わいが魅力の「モカルーロ」やオリジナルコーヒー、バターを練り込んで焼き上げる「ブリオッシュ」など、多彩な商品を展開していく。

 ホテルニューグランドブランドとして販売している冷凍食品や、レトルト商品、焼き菓子のほか、「ナポパン」と「ナポパン プレミアム」が新登場する。

 営業時間は10時~19時。

 サリー・ワイルさんは、1897(明治30)年スイス生まれ。1927(昭和2)年のホテルニューグランドの開業にあたりパリのホテルから招かれ、30歳で初代総料理長に就任した。本格的なフランス料理と独自のサービスを日本に持ち込み、メニューに「コック長はメニュー以外のいかなる料理にもご用命に応じます」と記し、さまざまな料理を作って提供したという。1973(昭和48)年には、勲五等瑞宝章を授与され、日本における「西洋料理の父」と呼ばれている。

ピックアップ

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース