見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「寝そべって聴くオーケストラ」横浜港の大さん橋ホールで

  • 81

  •  

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)の大さん橋ホールで、3月30日・31日、寝そべって聴くオーケストラ「CHILL CLASSIC CONCERT」が開催された。

[広告]

 「CHILL CLASSIC CONCERT」シリーズは、リクライニングチェアやハンモック、ビーズクッションなどを座席にして、くつろぎながらオーケストラの演奏を聴くことができるコンサート。2日間計6公演で、3000人が参加。来場者は飲み物やお菓子を片手に、寝そべりながらオーケストラ・コンサート体験を楽しんだ。

 指揮者は東京芸術大学大学院修了後、ハンガリー国立歌劇場で研さんを積んだ海老原光さん。新日本フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリニストのビルマン聡平さんを中心に集結した、約30人のオーケストラ奏者が生演奏を届けた。

 プログラムは「さくら」や「桜坂」「春よ、来い」といった春をイメージさせる曲と併せて、「青のすみか」「怪獣の花唄」「grace」など、普段クラシックコンサートに触れる機会が少ない人も親しみやすい近年のヒット曲など。原曲では弦楽器のみの編成の楽曲「ヴィヴァルディ 四季『春』より第1楽章」もオリジナルのフルオーケストラで披露した。

 次回は8月24日・25日に「CHILL CLASSIC CONCERT SEASIDE -2024 summer-」を、大さん橋ホールで開催予定。夏の風物詩を思い浮かばせる曲やJ-POP、公演のために中山博之さんがアレンジした曲などを演奏予定。10月5日・6日には横浜武道館での開催も決定している。

 チケットは8,800円~12,800円。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース