買う 学ぶ・知る

インペリアルビルで一箱古本市とワークショップ「はらっぱと雲」

  • 129

  •  

 山下公園付近の横浜市認定歴史的建造物「インペリアルビル」(横浜市中区山下町25)で2月10日・11日に一箱古本市とワークショップのイベント「はらっぱと雲」が初開催される。

横浜市認定歴史的建造物「インペリアルビル」の「本と工房 オドリバ」

[広告]

 インペリアルビルは1930年(昭和5)年に外国人専用のアパートメントホテル(長期滞在型ホテル)として建設。2011(平成23)年2月には、横浜市認定歴史的建造物に選定された。

 イベント当日は、1階の「インペリアルギャラリー」で一箱古本市を開催し、コーヒーや菓子なども提供。

 5階の「工房オドリバ」では、ワークショップを開催。ワークショップは、蚕の繭から糸を取り出す「蚕の糸繰り体験ワークショップ」、「かわら版」を手書きで作る「手書き新聞 かわら版 ワークショップ」、ポストカードに絵をガリ版で印刷する「ガリ版お試し会」、テーマから連想を拡げて本を選び、みんなで本棚をつくる「連想本棚をつくるワークショップー五感で本を味わう」、誰かが話しているときは、他の人は黙って聴く「輪になって話そ!~オープンダイアローグっぽい感じで~」の5種類を用意する。

 出店者は「本と工房 オドリバ」、横浜各地のイベントなどてオーガニックコーヒーを提供する「HACHIDORI COFFEE」、横浜市内の自宅で蚕を育てている「繍/ヌイト」、「スナック保健室」など。

 主催は同ビル5階2019年秋から入居し「バッグ工房」と「私設図書館」を併設した空間を展開する「本と工房 オドリバ」。「本と工房 オドリバ」を運営しているバッグ職人の増田卓哉さんは「普段本に触れない人も、はらっぱにあそびに来るよう気軽な気持ちで訪れて」と来場を呼び掛ける。「インペリアルビルは歴史や雰囲気のあるビル」とも。

 開催時間は11時~16時、入場無料、予約不要。ワークショップは要予約で一部有料。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース