新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

暮らす・働く 学ぶ・知る

釜石の高校生と横浜の学生らが3月に防災企画 クラファンで支援を募集

  • 53

  •  

 慶応大学湘南藤沢キャンパス2年生の小林美月さんを実行委員長とする「釜・横・トライ!応援実行委員会」が、岩手県釜石市の高校生有志が中心になって活動する東日本大震災の教訓を伝承し防災活動に取り組むボランティアグループ「夢団」を横浜に招いて防災イベントを計画し、資金を集めるクラウドファンディングを実施している。締切は1月17日。

釜石「夢団」を横浜に クラファンで支援を募集

[広告]

 小林さん達は2021年12月に、横浜の高校生と釜石『夢団~未来へつなげるONE TEAM~』の高校生による「震災と防災について考える」交流イベントをZoomを使って開催。その後、夢団との交流を続けてきた。

 夢団は「大震災を経験した記憶がある最後の世代として、記憶や経験のない世代に、今ある日常の大切さを再認識して欲しい」と2020年1月25日に釜石で結成。約50人の高校生が「動画班」「防災食班」「ゲーム班」に分かれて震災の伝承活動などに取り組んでいる。

 横浜に夢団のメンバーを招くイベントは、3月4日と5日に計画している。南区の弘明寺商店街で商店街や横浜総合高等学校などの協力を得て、防災啓発やパネルディスカッションなどを実施。夜は金沢区野島にある「横浜市野島青少年研修センター」に宿泊し、翌日は金沢区内の地元の防災団体や学生らと対話する計画だ。

 実行委員会には、釜石市に拠点を置き「夢団」とも連携して活動している「三陸ひとつなぎ自然学校」の伊藤聡さんや、東日本大震災のボラティアたちが結成したNPO法人「かながわ311ネットワーク」の石田真実さん、弘明寺にある横浜総合高校(南区)の元校長の小市聡さんのほか、桐蔭学園高校(青葉区)の生徒たちなどが参加している。

 クラウドファンディングは目標金額は50万円。支援受付最終日の1月17日の朝7時現在で、78人の支援者から約57万円が集まっている。実行委員会では、最終的な目標を70万円、支援者100人と設定して支援を呼びかけている。

 実行委員長の小林さんは「今後は、この活動を釜石から全国へ世界へと広げ、伝えていきたい。防災の大切さを伝える活動に協力をお願いしたい」と話している。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース