新型コロナ関連速報27日:市内1696人を確認

見る・遊ぶ

日本大通りの「マグカル開放区」が3年ぶりに「再開放」 パフォーマンス発信の場

パフォーマンスの様子

パフォーマンスの様子

  • 32

  •  

 音楽やダンス、大道芸などを自由に発表する「マグカル開放区」が10月2日、日本大通りで3年ぶりに復活した。

マグカル開放区 日本大通り再開放

[広告]

 神奈川県では、「文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す=マグネット・カルチャー」、略して「マグカル」の取り組みを推進している。マグカル開放区もその一環だが、コロナ禍で2020年から中止し、文化・芸術オールジャンルの動画コンテスト「バーチャル開放区」を行っていた。

 神奈川県庁正面と横浜開港資料館前に2つの会場を設置。出演時間は1回30分で、プロ、アマ、年齢を問わず、あらゆるジャンルのパフォーマンスを披露できる。

 今年は「バーチャル開放区2022」も開催、「ともに生きる」をテーマにした5分程度の動画を11月30日まで募集している。賞金総額は100万円で、1位の作品には50万円を贈る。

 開催予定日は、12月4日・25日、2023年1月15日・29日ほか。開催時間は10時~16時30分。出演・観覧共に無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース