新型コロナ関連速報:市内729人/県内2542…

食べる

1962年生まれのビール醸造家3人がコラボ 第1弾「1962 RED ALE」発売

横浜ビール田尻さん、サンクトガーレン岩本さん、スプリングバレーブルワリー田山さんによるコラボ。

横浜ビール田尻さん、サンクトガーレン岩本さん、スプリングバレーブルワリー田山さんによるコラボ。

  • 90

  •  

 1962(昭和37)年生まれのビール醸造家3人によるコラボレーションプロジェクトが発足し、商品化第1弾の「1962 RED ALE」の販売が8月9日、始まった。

「ビールの炎を絶やすな Born in 1962」 1962年生まれの醸造家3人がコラボ

[広告]

 会社の垣根を越えて取り組むのは、「横浜ビール」(横浜市中区住吉町6)の「熱血伝道師」田尻和彦さん、「サンクトガーレン」(厚木市)社長の岩本伸久さん、「キリンビール」(本社:東京都中野区)のクラフトビールブランド「スプリングバレーブルワリー」マスターブリュワーの田山智広さん。

 同プロジェクトについて、田尻さんは「これまでも自分の誕生日に向けてビールを仕込むことがあったが、今年は60回目の誕生日なので特別なことをやりたいと思い、神奈川県内で同い年の2人に声を掛け快諾してもらった」と、きっかけを説明。「ビールの炎を絶やすな Born in 1962」を合言葉に、それぞれの誕生月に誕生月を迎える人の醸造所から、3人で手がけた商品を発売する。

 8月生まれの田尻さんが所属する横浜ビールで醸造した「1962 RED ALE」は、「レッドX」というモルトのみを使ったアメリカンレッドエール。アメリカンホップを多く使い、仕上げにキリンビール独自の「ディップホップ」という製法で香り付けしている。サンクトガーレンで醸造する第2弾は9月に、スプリングバレーブルワリー東京で醸造する第3弾は12月に発売を予定している。

 希望小売価格は636円(税別)。数量限定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース