新型コロナ関連速報5日:市755人/県1939…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

京急「歌い終えた」発車音「ドレミファインバータ」 横浜駅の「おしゃべり自販機」で復活

  • 233

  •  

 京急横浜駅に、4月1日、ドレミファインバータの発車音や運転士・車掌のアナウンスなどの音声が搭載された飲料自販機、通称「おしゃべり自販機」が設置される。

京急横浜駅「おしゃべり自販機」設置場所

[広告]

 「おしゃべり自販機」は、京急1000 形をモチーフにしたデザイン。コイン投入時や、商品ボタンを押した際に「まもなく快特品川行きが発車いたします」「出発進行」など、運転士や車掌のアナウンスが流れ、商品搬出後には、京急2100形と1000形の発車音「ドレミファインバータ」の音を聞くことができる。

 「ドレミファインバータ」は「歌う電車」として長年親しまれながら、機器更新のため2021年7月20日に最後の編成(1000形1033編成)の運行を終了し、「歌い終え」ていた。京急は運行終了の翌日に「今後、『ドレミファインバータ』のサウンドを皆さまにお楽しみいただけるコンテンツを検討」することを公式サイトに記しており、記載が実現した形となる。

 担当者は「再びこの音が聞ける場所を作ってほしいとのご要望にお応えし、自販機で商品を購入すればいつでも聞くことができます」とコメント。

 「おしゃべり自販機」の隣には「京急グッズ自販機」も設置、「けいきゅうオリジナルプラレール」や「駅名板マグネット」も販売する。

 設置場所は横浜駅北口改札内の下りホーム行きエレベーター横。営業開始時刻は10時から。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース