新型コロナ関連速報:市3477人/県9945人

暮らす・働く

関内駅北口に「関内駅北口広場」 屋根付きで横浜スタジアムの14分の1

  • 265

  •  

 JR関内駅(横浜市中区港町1)の北口に3月30日、「関内駅北口広場」がオープンした。

「関内駅北口広場」オープンイングのテープカットの様子

[広告]

 同日9時20分からオープンを記念した催しを実施。副市長の平原敏英さん、都市整備局長の小池政則さん、中区長の直井ユカリさん、地元商店街組合の代表者らが出席し、来賓祝辞やテープカットを行った。

 横浜市は、2018(平成30)年4月のJR関内駅北口駅舎の改良後、周辺の市街地との連続性やにぎわいの場の創出に向けて、屋根や歩道等の歩行者空間整備を進めてきた。

 周辺施設の供用開始時期は、マリナード地下街のバリアフリー化=2015年9月、JR関内駅北口のバリアフリー化=2017年4月、生活支援施設(保育施設)の整備=2018年4月、駅前歩行者空間整備=2019年9月と2020年8月と2021年12月。

 副市長の平原さんは関係者への感謝を述べるとともに「今日はひとつの大きな節目。来年4月には関内駅前に関東学院大学もでき、より多くの人企業の人が駅を訪れるようになる。みんなが周辺の商店街を回遊する街作りをしたい」

 広場には屋根があり、鉄骨造。敷地面積=1178.45平方メートル、建築面積=752.32平方メートル、延べ面積=875.71平方メートル。関内駅至近の横浜スタジアムのグラウンド面積は12,284平方メートル。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース