新型コロナ関連速報:市804人/県1885人

見る・遊ぶ 暮らす・働く

みなとみらいに長期滞在型ホテル ウェスティンホテル横浜に併設

外観イメージ(6~12階がThe Apartment Bay YOKOHAMA)

外観イメージ(6~12階がThe Apartment Bay YOKOHAMA)

  • 255

  •  

 ケン・コーポレーション グループ(東京都港区)の企画・運営によるロングステイサービスアパートメント「The Apartment Bay YOKOHAMA(アパートメントベイ横浜)」(横浜市西区みなとみらい4)が、ウェスティンホテル横浜と同じ建物に2022年5月下旬にオープンする。

The Apartment Bay YOKOHAMAの客室イメージ

[広告]

 部屋は40平方メートルのスタジオタイプから、150平方メートルの3LDKまで、40~60平方メートルの1LDKが中心的なプランで、部屋には家具・家電・リネン類、食器などを備える。部屋のクリーニング、週2回のリネン交換が入り、フロント、専用のジムは24時間利用できる。

 利用は最低30日以上の「長期滞在型ホテル」で、201部屋の客室と専用ジム、30台の駐車場を備え、「宿泊」と「居住」を融合させたライフスタイルを提案する。

 同建物に開業するウェスティンホテル横浜のルームサービスも利用可能(別途費用)で、部屋でウェスティンホテル横浜の料理を楽しめる。同ホテルのジム・プールや、ダイニングでの朝食が利用料に含まれるプランもオプションで用意する予定。

 同社は「従来の数か月間ご利用される、一般的なサービスアパートメントとは違い『ハイグレードな住居』としての利用にも十分お応えできるクオリティになっている」とコメントしている。

 開業時期は2022年5月下旬の予定。

 建設地は、2017年8月まで商業施設「アルカエフ」として、ホームセンター「セキチュー 横浜みなとみらい店」と「生鮮館 みなとみらい店」が営業していた。約1万人を収容する大型音楽アリーナ「ぴあアリーナMM」に隣接し、大通りの向かいには、2021年4月に「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」が開校している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース