新型コロナ関連速報28日:感染者数最多更新

食べる 見る・遊ぶ 買う

横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケット 「ギフト」をコンセプトに

  • 597

  •  

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)で「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が11月26日から始まった。

「リンツ」が初出店 クリスマスマーケットでオリジナルドリンクも

[広告]

 横浜赤レンガ倉庫の冬の風物詩となっているクリスマスマーケットは、2010年に始まり今回で12回目の開催。本場ドイツの伝統的なクリスマスマーケットの雰囲気が楽しめる。

 今年のテーマは「ギフト」で、「心を込めた贈り物をしたい」という思いを込めた。入り口には巨大なギフトボックスのゲート、海側のツリーエリアではイベントシンボルとなる本物の木を使った高さ約10メートルのクリスマスツリーに光を灯し、「ギフト」をイメージしたオーナメントを飾りつけた。

 屋根の上にドイツから輸入したサンタ人形などのオブジェが装飾されたドイツ製のヒュッテ(木の小屋)では、グリューワインや、ジャーマンビーフシチューなどドイツの郷土料理を提供。本場ドイツグルメを楽しめるほか、クリスマスリースやアドヴェントカレンダーなどクリスマスグッズも販売する。

 赤レンガ倉庫の大塚美雪さんは「食事だけでなくラッピングやDJイベントなどの体験、そしてオリジナルマグカップなどさまざまなギフトを体験して」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~21時(11日以降は22時まで)、ツリー点灯は16時~23時(12月4日、11日のみ24時まで)。

 入場料は平日=無料、予約不要。12月11日以降の土曜・日曜と23日・24日=300円(小学生以下無料)で要予約。開催は12月25日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース