新型コロナ関連速報21日:県内3412人

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

インドの詩人タゴールの歌が紡ぐ実録映画 横浜シネマ・ジャック&ベティで上映

  • 94

  •  

 横浜シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区若葉町3)で現在、ドキュメンタリー映画「タゴール・ソングス」が上映されている。

上映後登壇した佐々木美佳監督

[広告]

 同作は、非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞したインドの詩人ラビンドラナート・タゴール(1861年~~1941年)が作り上げた作品の魅力に迫った音楽ドキュメンタリー。「タゴール・ソング」と呼ばれるその歌は100年以上の時を超えた今なお、ベンガルの人びとに口ずさまれているという。

 監督は26歳にして同作で映画監督デビューを果たした佐々木美佳さん。東京外国語大学在学中にベンガルの魅力に引かれ、歌と今を生きる人々を収めた映画製作を決意し、2020年公開となった。作中では10数曲を紹介し、バングラデシュの国民的歌手であるレズワナ・チョウドリ・ボンナさんも登場する。

 10月31日には監督によるトークイベントも開催。「タゴールの歌をたくさんの方が大切にしていることを感じた。タゴールが初来日した際には三渓園に滞在し、『迷い鳥』という詩を書いており、花鳥風月が感じられる作品を残している。横浜の方にも映画を通してタゴールの詩を聴いてほしい」と話す。

 1916(大正5)年に初来日したタゴールは、横浜の三渓園にある1887(明治20)年ごろに建設された「松風閣」に2カ月ほど滞在し、日本人画家らと交流した。

 上映時間は11時~12時55分。11月6日まで

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース