新型コロナ関連速報1日:市内4人/県内9人を確…

見る・遊ぶ

カップヌードルミュージアムパークにグランピング施設が誕生

グランピングテント・BBQ設備の夜間のイメージ

グランピングテント・BBQ設備の夜間のイメージ

  • 1020

  •  

 カップヌードルミュージアムパーク(横浜市中区新港2)に、手軽にアウトドア体験ができるバーベキュー設備や展望デッキを備えるグランピング施設が誕生する。

グランピング施設設置場所(地図)

[広告]

 グランピングテントやバーベキューができる設備が設置されるほか、プロムナードデッキ、飲食施設、散策路、休憩・展望デッキなどが整備される。築造面積は約1,500平方メートル(うち建築面積約720平方メートル)。グランピングは、グラマラス(豪華な)とキャンプを組み合わせた造語。

 事業予定者はスタジオ・イベント会場マネージメントなどを手掛けるSOULPLANET(東京都港区)。2017年(平成29年)度に、政策局の「公共空間活用提案モデル事業」で実施した公募により決定した。民間事業者により、港湾緑地に便益施設の設置ができる設置等許可制度により整備する

 2020(令和2)年3月以降に、景観協議などを行い着工し、秋頃に施設がオープンする予定。

 臨港パークには、3階建てのスポーツジム・ペット施設・レストラン&バーを備えるカフェ・レクリエーション複合施設がオープンすることが予定されており、今回の施設は、民間事業者が港湾緑地にカフェや物販などの便益施設等を設置する事例の第2弾となる。

 横浜市は記者発表で「港の美しい景観を眺めながら飲食を楽しむことができる施設を整備し、新しいにぎわいを創出する。また、臨港パークとカップヌードルミュージアムパークをつなぐ女神橋とともに夜景を演出していく」とコメントしている。

 カップヌードルミュージアムパークは、横浜市が2011(平成23)年に実施した、みなとみらい21新港地区「新港パーク」の提案募集型のネーミングライツ公募に応募した日清食品ホールディングス(東京都新宿区) が、「カップヌードルミュージアムパーク(略称:カップヌードルパーク)」を提案し、2012(平成24)年から2022(令和4)年までの10年間、愛称として使われている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース