食べる 買う

今年の恵方は西南西 崎陽軒が気分に合わせて選べる恵方巻発売

口福恵方巻き

口福恵方巻き

  •  
  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は2月1日から3日間、選べる恵方巻きシリーズとして、「口福恵方巻き」「シウマイ恵方まん」を数量限定で販売する。

 恵方巻きは「節分の日」にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きずしで、今年の恵方は「西南西」となる。

[広告]

 福恵方巻き(730円)は、福をもたらすと言われる七福神にあやかり7種の具材(タイ、帆立、カニ風味かまぼこ、タケノコ、ショウガ昆布、卵焼き、菜の花)と酢飯を色艶の良い伊勢湾の焼きのりで巻いた太巻き。ネーミングの「口福」はおいしいものを食べて満たされた満足感を意味する造語である。

 シウマイ恵方まん(350円)は、シウマイのあんを中華まんの皮で巻き、ロール状に仕上げた、シウマイの崎陽軒ならではの恵方巻き。一般的な恵方巻きよりも直径約4センチ×長さ約10センチと食べやすく小ぶりに仕上げられている。過熱せずそのまま味わえる。また、人気のしょう油入れのキャラクター「ひょうちゃん」の焼き印を施している。

 2月1日・2日=予約・一部店頭販売(神奈川地区約100店舗予定)、2月3日=予約・店頭販売予定。販売数量は、期間合計で約2,860食の予定。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?