暮らす・働く

「市民が選ぶ横浜10大ニュース」投票締め切り迫る 抽選で賞品も

  •  
  •  

 横浜市市民局が現在、「市民が選ぶ横浜10大ニュース」の投票を受け付けている。

 2019年の候補となった39のニュースは、市政、文化・スポーツの3つの分類から選ばれた市民にとって関心の高い今年市内で起こった出来事。横浜市在住であれば1人1回投票でき、参加者の中から抽選で500人に市内の企業・施設から横浜ゆかりの賞品を用意する。

[広告]

 今年の10大ニュース候補は、「市営地下鉄ブルーラインを延伸へ」「横浜開港160周年」「IR(統合型リゾート)誘致を表明」「小児医療費助成の対象拡大」「現市庁舎跡地の再開発計画が決定」「横浜でラグビーワールドカップ2019開催」「横浜ベイブリッジ開通30周年」「横浜DeNAベイスターズが初のCS本拠地開催」「横浜港に外国客船が4隻同時着岸」「横浜アンパンマンこどもミュージアムが移転オープン」「相鉄線とJR線が相互直通運転へ」「横浜駅のバリアフリー化進む」など。

 賞品は4つのコースを用意。「『横浜の宝』ツアーコース」には横浜にぎわい寄席、日産スタジアム見学ツアー、神奈川フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会、みなとみらいクラシック・マチネへの招待。「文化・アミューズメントコース」「スポーツ応援コース」「グルメ・グッズコース」にはキリンビール「キリン一番搾り生ビール350ミリリットル 6缶セット」やよこはま動物園・金沢動物園 年間パスポート引換券などを多数そろえる。

 投票は横浜市ホームページから投票する方法と、チラシに付いている専用ハガキを使って投票する方法がある。チラシは市役所市民情報センター、区役所広報相談係、行政サービスコーナー、地区センター、 地域ケアプラザ、図書館などで配布している。投票は12月11日まで。

 昨年2018年の10大ニュースは、1位=「成人式の晴れ着トラブルで市民や団体等から支援の申出多数、横浜市は特設ホームページや相談窓口を設置」、2位=「南区出身で『横浜にぎわい座』2代目館長、落語家の桂歌丸さんが死去(81)、3位=「相鉄線 星川駅~天王町駅間が全線高架化 事業開始から16年の歳月を経て、高架区間内の全ての踏切がなくなる」だった。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?