食べる

横浜高島屋で「アイスワンダーランド」 有名店から地元店まで160種類のスイーツを販売

The Maker'sのアイスキャンディー

The Maker'sのアイスキャンディー

  •  
  •  

 横浜高島屋(横浜市西区南幸1)で8月7日~12日の5日間、全国から160種類のスイーツを集めた「~ひんやりスウィーツの祭典~アイスワンダーランド」が開催される。

「樹氷」の高さ30センチメートルのかき氷は百貨店初登場

 今年で2年目となる「アイスワンダーランド」は昨年よりも多い160種類のスイーツを販売する。ゴディバやヨックモックなど有名なスイーツブランドのほか、地方の地元密着店なども出店する。横浜からは、タカナシ乳業(保土ケ谷区)の牛乳を使う「横浜馬車道あいす」や、相澤良牧場(瀬谷区)の「オーガスタミルクファーム」などが出店する。

[広告]

 「寿氷-juhyo」(栃木県真岡市)の、「なつおとめ」を使用し、オーダーを受けてからソースを作るぜいたくなかき氷「なつおとめ2019」(2,160円)は、百貨店初登場となる。

 店主の比氣寿(ひきひさし)さんは「かき氷は平安時代からある日本料理。地元愛から、栃木名物のイチゴのかき氷を始めた。味に起承転結をつけているので、ぜひ、頭から順に食べてほしい」と話す。

 会場にはイートインスペースを用意するほか、フォトブースからSNS投稿を促している。

営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?