暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜スタジアムにベイスターズオフィシャルショップ「BAYSTORE HOME」

  •  

 横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは、「コミュニティボールパーク」化構想に基づく2019年改修第一弾として、球場内のオフィシャルショップ「BAYSTORE NAIYA2F」「BAYSTORE NAIYA3F」 を統合し、新たに「BAYSTORE HOME」を新設する。

 現在の「BAYSTORE NAIYA2F」向かいとなる、Yデッキ内 3ゲートと4ゲート間に新設する。「BAYSTORE HOME」という名称は、オフィシャルショップの旗艦店という意味合いに加え、店舗位置がホームベースの延長線上に位置することを込めて名付けられた。

[広告]

 売り場面積はこれまで最大だった「BAYSTORE NAIYA2F」 の約2.6倍の約450平方メートル。 横浜スタジアムのオフィシャルショップでは史上最大の広さとなる。

 さらに、約4メートルの天井高、店舗入り口の開口部が最大約6メートルとなるなど、開放感のあるショップへ生まれ変わる。取り扱う商品数は約3,000点で、オフィシャルショップの中では最大の品ぞろえを実現する。

 オープンは3月中旬の予定。現在、オープニングスタッフを募集している。

 「コミュニティボールパーク」化構想は、野球が好きな人のほか、野球を球場で観戦したことがない人も気軽に集い楽しめる場をつくることを目的とし、地域や職場におけるさまざまなコミュニティが野球をきっかけに集い、コミュニケーションを育むランドマークになりたいという思いを集約した構想。

 球団では、「オフィシャルシショップ『BAYSTORE HOME』の新設を通して、これまで課題だったオフィシャルショップの混雑を緩和し、より快適に買い物を楽しめ、訪れる度に野球観戦が楽しくなるような場所を目指す」としている。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?