見る・遊ぶ

みなとみらい21地区でクリスマスの風物詩「オフィス全館点灯」 過去最多の25施設が参加

  •  

 みなとみらい21地区で12月21日、クリスマスの風物詩「TOWERS Milight(タワーズ ミライト)~みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ~」が開催される。

 イベント当日は、同地区のオフィスビル群が全館一斉に点灯し、街全体を一つの光のオブジェとして華やかに演出。みなとみらい最大のイルミネーションイベントで、毎年、夜景を楽しむ写真愛好家や来街者でにぎわう。1996年から実施され今回で22回目となる。今年は過去最多の25施設が参加する。主催は横浜みなとみらい21。

[広告]

 参加施設は、横浜ランドマークタワー、横浜ブルーアベニュー、MMパークビル、富士ゼロックスR&Dスクエア、クイーンズタワーA・B・C棟、みなとみらいセンタービル、富士ソフトビル、ヒューリックみなとみらい、日石横浜ビル、横浜三井ビルディング、横浜銀行本店ビル、横浜アイマークプレイス、三菱重工横浜ビル、県民共済プラザビル、横浜メディアタワー、パシフィコ横浜、シンクロン本社ビル、みなとみらいグランドセントラルタワー、日産自動車 グローバル本社、横浜野村ビル、みなとみらい本町小学校、スカイビル、みなとみらい学園。点灯時間は16時30分~21時30分。

 同地区では21日から24日まで、「横濱キャンドルカフェ2018」も同日開催される。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?