見る・遊ぶ

関内周辺で街なかフェス「関内外OPEN!10」 横浜のアート・クリエイティブが体験できる

泰生ビルと泰生ポーチ前の関内桜通りで「道路のパークフェス」

泰生ビルと泰生ポーチ前の関内桜通りで「道路のパークフェス」

  •  

 関内地区周辺で体験型イベント「関内外OPEN!10」が11月3日と4日に開催されている。主催はアーツコミッション・ヨコハマ(横浜市芸術文化振興財団)と各参加スタジオ。

 JR関内駅を中心に、スタジオ、オフィス、店舗、ビル屋上、路上など約40カ所を会場に、普段は入ることのできないクリエイターの仕事場を訪ね、ワークショップやトークイベント、作品鑑賞などを楽しむことができる。100組を超える団体が参加し、アート、デザイン、建築、ファッション、映像、食などの創作現場が楽しめる。

[広告]

 「REMIX」をテーマに、さまざまなイベントが企画されており、スタジオの中で版画や雑貨などのものづくりができる「体験」や、彫刻家・デザイナーと話をしたりクリエイター達の会議に参加が可能な「トーク」、映画館などの建物内や街をスタッフと共に歩く「ツアー」、クリエイターの仕事場を探訪する「オープンスタジオ」などがある。

 3日は特別企画として関内桜通りの一部を通行止めにし、芝生を敷いて公園のように見立てて行うイベント「道路のパークフェス」を開催。周辺のクリエイターが集合し、オープンカフェで、ヨガ、パフォーマンス、キッズイベントなどを実施する。

 会場になる地区は関内、馬車道、元町・中華街、桜木町、伊勢佐木町、若葉町、黄金町、石川町、寿町など。街歩きできるようにつくられたイベント概要やマップ、タイムテーブルが一つにまとまった無料パンフレットを各会場で配布している。

 横浜市芸術文化振興財団・広報・ACYグループの杉崎栄介さんは「今年は記念すべき10回目。参加スタジオやクリエイターも増えてきており、大人の文化祭のような感覚でそれぞれが自由な発想で企画を準備しています。気軽にご参加いただき、クリエイターとの出会いを楽しんでいただければ」と話している。

 また、同時期に弁天通では「関内フード&ハイカラフェスタ」(3日~4日)、住吉町では「住吉町入船通り 秋祭り」(3日のみ)、馬車道通りで「馬車道まつり」(開催中~3日まで)も開催される。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?