食べる 買う

崎陽軒が「横浜えきまつり 鉄道各社×崎陽軒 炒飯弁当」を販売 鉄道6社とコラボ

  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は、横浜駅東西の商業施設などが連携して開催されている「横浜えきまつり2018」にあわせて、横浜駅に乗り入れる鉄道6社とコラボレーションした「横浜えきまつり 鉄道各社×崎陽軒 炒飯弁当」を販売している。

横浜えきまつり2018は駅周辺施設15社と横浜駅に乗り入れする鉄道6社が協力して実施

 コラボ弁当は、JR東日本横浜支社、京急電鉄、東急電鉄、横浜高速鉄道、相模鉄道、横浜市営地下鉄の各鉄道会社 の車両とキャラクターを6種の掛け紙にデザイン。弁当は、パラっとした食感のチャーハンに、昔ながらのシウマイ3個のほか、鶏の唐揚げや塩焼そば、カニカマとクラゲと錦糸玉子の酢の物などが入る。価格は890円。

[広告]

 販売期間は、9月29日・30日、10月6日・7日・8日、13日・14日。販売数量は、期間中全店合計で約2,400個。

 各路線の炒飯弁当販売店、横浜駅中央店、横浜駅京浜東北・根岸線ホーム店、横浜駅東海道線下りホーム店、横浜駅南口店、京急横浜駅中央改札内店、京急横浜駅上りホーム店、みなとみらい線横浜駅店、みなとみらい駅、みなとみらい線横浜駅店、みなとみらい駅、相鉄横浜駅店、 ジョイナス店、ジョイナス・ダイヤキッチン店、市営地下鉄横浜駅店。

 全6種を販売する店舗は、髙島屋横浜店、そごう横浜店、横浜駅東口ジャスト1号館 ティーラウンジ店、崎陽軒本店ショップ、「YOKOHAMAトレインフェスティバル 2018」ポルタ特設会場(10月13日~14日のみ)。

 「横浜えきまつり2018」は、10月14日の「鉄道の日」に合わせて、横浜駅周辺の商業・サービス施設15社と、横浜駅に乗り入れする鉄道6社が協力し、横浜駅地区の活性化を目指して実施するイベント。開催期間は9月29日から10月14日まで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?