食べる 見る・遊ぶ 買う

大さん橋でハワイラバーズの大規模フェスティバル「ラブハワイコレクション」

約100組のフラやタヒチアンダンスのチームが集まる

約100組のフラやタヒチアンダンスのチームが集まる

  •  

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)大さん橋ホールで4月21日と22日、ハワイラヴァーズのフェスティバル「H.I.S. presents LOVE HAWAII Collection 2018」が開催される。

昨年の会場の様子。2日間で3万人が訪れた

 「音楽、フラ、アート、ショップ、フードを通じ、夢、希望、情熱を感じることで"人と人とのハッピーをつなぐ"」ことを目指し2010年にスタートして9年目となる日本最大級のフライベント。毎年3万人以上を動員する。

[広告]

 約100組のフラやタヒチアンダンスのチームが集まり、華やかなパフォーマンスを披露するほか、ハワイに関連する60店舗のショップのグッズや、ロコモコ、ガーリックシュリンプ、マラサダなどのハワイアンフードの販売、トークショーやライブ演奏、ワークショップなど多彩なプログラムを実施する。

 「LeaLeaブース」では、ハワイで人気のカカアコ ウォールアートの仕掛け人で、パブリックアート活動「POW!WOW!」創始者・代表のジャスパー・ウォンのコーナーが登場し、アートやVRでハワイの「今」を届ける。ハワイアンキャンドル、リボンレイメイキング、ハワイアンハーバリウム、プルメリアの育て方、パウスカートづくりなどが体験できるブースも。

 トークショーやミニライブが行われる「LeaLeaステージ」では、ハワイからの特別ゲストとしてホノルルを拠点に活躍しているサーフアーティストのコリーン・マリア・ウィルコックスさんによるトークショーとサイン会が実施されるほか、ウクレレシンガー「カイキ」やシンガーソングライター「リサハリム」などの実力派アーティストがライブを行う。ナビゲーターは、ハワイ番組などで活躍するデビット・スミスさん。

 また、ハワイ州観光局サテライトオフィスによる案内デスクが設置され、ハワイの情報を提供する。晴れていれば、野外でのフラパフォーマンスなども楽しめる。

 主催するレイランド・グロウ(神奈川県逗子市)のデビット・スミスさんは「市民参加型が特徴のイベントで、地元のショップも多数出展する。トークショーには、ハワイの倉庫地区の倉庫壁画に絵を描くことで地域を活性化したアーティストも登壇する。多様なハワイを楽しみ、ハワイラヴァーズのコミュニティをさらに広げてほしい」と話している。

 開催時間は21日=10時~18時30分、22日=9時30分~19時。入場無料。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?