新型コロナ関連速報5日:市755人/県1939…

見る・遊ぶ

横浜スタジアムに新名物「ベイメンチ」 洋食の老舗・センターグリルが監修

横浜DeNAベイスターズ球団オリジナルメンチカツ「ベイメンチ」

横浜DeNAベイスターズ球団オリジナルメンチカツ「ベイメンチ」

  • 234

  •  

 横浜スタジアムで4月21日、横浜DeNAベイスターズ球団オリジナルメンチカツ「ベイメンチ」の発売が始まった。

[広告]

 「ベイメンチ」は、肉、ソース、揚げたてサクサクが特徴のメンチカツで横浜・野毛の老舗洋食店「センターグリル」が監修した。

 肉は、神奈川県産銘柄豚肉「やまゆりポーク」と「やまゆりビーフ」を主に使用し、大き目の粗びき肉がジューシーな肉本来の味を引き出す。

 ソースは、和風だしや醤油を使用した薄口の「ベイメンチ」専用オリジナルソースを開発。販売直前に目の前でソースにくぐらせることで、メンチカツ全体に味を染み込ませる。衣は薄く、肉本来の味を生かした「揚げたてサクサク」感が楽しめる。

 監修した「センターグリル」は1946年創業で、戦後間もない頃から横浜市民に親しまれている洋食店。肉の種類や比率、ソースの味などの工程で試行錯誤を繰り返し「ベイメンチ」が誕生した。

 「ベイメンチ」は、「ベイスターズ・ドッグ」、「青星寮カレー」、「ベイカラ」に加え、4つ目の球団オリジナルフードとなる。

 発売場所は、横浜スタジアム STAR SIDEコンコース「ベイメンチ」(4ゲート売店横)。価格は1個300円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース