3密を避けて新しい生活様式へ!

特集

おうちで横浜満喫! ~オンラインでどこまで横浜ツアーができるのか~

  •  
  •  

不要不急の外出は控えてという日々ですが、いかがお過ごしですか? オンラインで発信をしている横浜の施設も増えています。 ヨコハマ経済新聞の連休特集、ホンキで「オンラインの横浜」を旅してみます。

 


夜までゆっくりお付き合いください。

真っ赤な「あかいくつバス」のルートマップを手に

横浜を回るのに便利な乗り物といえば「あかいくつバス」だよね
「あかいくつバス」のルートマップがオンラインで見つかったよ!
それ、ちょっとハードル低すぎるよ・・・!


横浜市交通局サイトより

横浜赤レンガ倉庫「おうちでフリューリングスフェスト」

横浜といえば「みなとみらい」だね
観光系バス路線である「あかいくつバス」は、現在運休中だけれど、青色で記されている「Mルート」がみなとみらいを回るルートだね


Mルート(あかいくつバスルートマップより)

赤レンガ倉庫に行きたいなー
横浜赤レンガ倉庫は毎年この時期「フリューリングスフェスト」を開催。「フリューリングスフェスト」は、ドイツ各地で開催される春の訪れをお祝いする「春祭り」のこと。ビール祭りと移動遊園地がセットになっていて、ドイツでは家族や仲間とともに春の一日を楽しむ風物詩だそう。
あ。今年は「おうちでフリューリングスフェスト」がSNSで開催されているよ!


横浜赤レンガ倉庫 「おうちでフリューリングスフェスト」公式サイトより

TwitterアカウントInstagramアカウントでは、イベント会場で楽しめる予定だったビールのお取り寄せ情報や、オンライン飲み会用の「乾杯の歌」が、タグ「#おうちでフリューリングスフェスト」で紹介されているね。乾杯しよっか!

みなとみらいは花の季節

チューリップやユリの花が咲く季節だね
横浜市は2017年から「ガーデンネックレス横浜」を実施しているよ。赤レンガ倉庫のそばの、新港中央広場や山下公園など「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシアに隣接する自然豊かな「里山ガーデン」(旭区上白根町)をメイン会場に約60万本もの花を楽しめるんだ。
「みなとエリア」と「里山ガーデン」、電車で移動すると1時間以上かかる2会場が、公式サイトで同時に楽しめるのは嬉しいね。InstagramやTwitterの写真もきれい♪Youtube動画ではアンバサダー三上真史さんとガーデンベアのコラボも見られるね。

横浜市は「ガーデンネックレス横浜2020」の取り組みを通じて、2027年の横浜での「国際園芸博覧会」開催に向け動きを進めていて、実現すると1990(平成2)年の「大阪花の万博」に続く、国内での国際博覧会(認定博)の開催となるんだって!

オンライン横浜美術館、360°映像で展覧会の臨場感を体験!

横浜赤レンガ倉庫から18分ほど歩くと、1989年11月3日に開館した横浜美術館。彫刻家・澄川喜一さん大規模回顧展「そりとむくり」の開催中に臨時休館となった。
無料アプリをインストールすると、360度の画像でたくさんの作品が見られて面白いね。吹き抜けの開放的なグランドギャラリーも一周できるね。


「日経VR」より

関東最古の能舞台、横浜能楽堂

15分ほど歩くと、横浜能楽堂や横浜にぎわい座もあって、文化の拠点がいっぱいだね。
横浜能楽堂の本舞台は、明治8年に旧加賀藩主邸に建てられ、その後大正8年に旧高松藩主邸に移築された「染井能舞台」を復原したもので、140年余りの歴史を誇る関東最古の能舞台。「横浜能楽堂アーカイブコレクション」として、YouTubeで過去の公演を見られるんだって。

横浜能楽堂が約20年前の「能楽質問箱」を復刻しているのも面白いね。月謝はいくら?など率直で変わらないギモンに答えてくれるようだよ。

落語・漫才など大衆芸能の専門施設、横浜にぎわい座

2002年に人情の街・野毛にオープンした横浜にぎわい座では、人の心の機微を感じられるね。
にぎわい座は公式Twitterから豆知識を発信してるね。

映画「封切り」が生まれた地、横浜のミニシアター

横浜でもうひとつ見逃せない文化といえば「映画」。日本で初めて洋画の公開をした横浜では、海外から輸入した洋画を日本全国の映画館に先駆けて公開していた。伊勢佐木町にあった映画館「オデヲン座」は「封切り」という言葉の発祥した映画館だと言われているね。
新型コロナウイルスの影響で横浜のミニシアターは存続がギリギリになっているんだって・・・。「ジャック&ベティ」「横浜シネマリン」「シネマノヴェチェント」はそれぞれオンラインショップなどで応援を求めているんだね。
ジャック&ベティは最近「オンラインシアター」が始まったよ。「横濱キネマ・カーニバル」「横濱HAPPY MUS!C映画祭」「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル(横濱IFF)」より厳選した作品が楽しめるんだって。
おうちでヨコハマの映画祭が見られるなんて!

 

野毛山動物園 動物たちとおうちで楽しもう!

野毛山動物園も寄ってみようか。
1951年4月に「野毛山遊園地」という名前で開園して以来、横浜の中心に位置する"身近な動物園"。入場無料なのがすごいよね
もちろんオンラインでも入場無料!
そういえばさっきから交通費も、美術館や舞台入場料も、何もかかっていないね。
中止になっちゃった「動物園の台所ツアー」や、「動物病院ガイドツアー」、面白そうだったなぁ。
オンラインで特別企画で、無観客ガイド実施中だって。飼育員による無観客ガイドや、台所ガイドもYouTubeで見られるよ。
さらに、野毛山動物園だけじゃなくて、ズーラシアと金沢動物園の様子も解説付きで楽しめちゃう。

1/1000秒のスーパースロー、変化球映像を特別公開!横浜DeNAベイスターズ

横浜スタジアムは関内駅からすぐ。
球団の公式サイトを訪れると「WAITING FOR THE NEW SEASON」の文字。「一緒に乗り越えよう。ともに“NEW SEASON”を迎えられるその日まで、今できる事に全力で取り組んでいます」。
ちょっと切ないけど、元気をもらえるような。


横浜DeNAベイスターズ公式サイトより

プロ野球の開幕の見通しが立たない中、ファンに向けて、公式Twitterで発信している「1/1000秒のスーパースロー投球映像」では、濵口遥大選手・平良拳太郎選手・山﨑康晃選手が投球テクニックも解説!してくれる。
ボールが生きているみたいだね。

これも面白い!!「選手がスターマンになりきってみた!」映像を5月4日~6日に特別公開!
はにかんでる選手の姿、見ていたら元気出てきたよ♪

夜は医療従事者に感謝、ブルーライトヨコハマ

なんだか一日たっぷり横浜観光した気分だね。
夜は、新型コロナウイルス医療従事者に感謝を込めて、5月6日までみなとみらい地区をはじめ、市内14施設がブルーライトアップを実施しているんだって。
4月25日にオープンする予定だったけれど、新型コロナウイルスの影響で開業できなかった「ぴあアリーナMM」も参加しているね。

ぴあアリーナMMは、出来たてのアリーナ内部の写真を公開していて、オンライン飲み会などのヴァーチャル背景として使っていいんだって。酔ったら歌い出したくなっちゃうかも。
あ!見て!大観覧車が・・・!!

STAY HOME・・・のメッセージ。おうちにいても横浜が楽しめたね。

リアルに横浜に遊びに行ける日が、早く来るといいなぁ。

編集後記
オンラインで少しでも元気になれる何かを伝えたい、そんな取り組みが横浜にはたくさんあります。

オンライン横浜の旅に出た「ハーちゃん」と「マーちゃん」は、新型コロナ助け合いプラットフォーム「#おたがいハマ」のキャラクター。

「#おたがいハマ」は、ヨコハマ経済新聞を運営するNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」・一般社団法人「YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス」・横浜市が三者協定を締結して、新型コロナ関連最新情報や、横浜市内のテークアウトやデリバリー情報のまとめを掲載しています。

またヨコハマ経済新聞では、新型コロナ関連最新情報を、特集として毎日更新しています。

新型コロナウイルスの影響が終息する日が早く訪れることを心より待ちながら。

 

ちょうどいい距離で


キャラクターデザイン いよりふみこ
本文・編集 紀あさ

 

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?