新型コロナ関連速報28日:感染者数最多更新

フォトフラッシュ

仕入れなくても鳥取の本がどんどん増える不思議な本屋 鳥取専門書店「鳥取堂」

「鳥取堂」は、マスマス関内入口の「LOCAL BOOK STORE 『kita.』」の一書店。「コロナ禍で鳥取に行きたくても行けない」という状況を乗り越えるために、「鳥取と都市部を繋ぐ小さな拠点になれば」と、店主の名和佳夫(なわよしお)さんが鳥取に関係する本を集めて6月に開業。段ボールひと箱分ほどの区画に鳥取関連の書籍を揃えており「日本一小さな鳥取専門書店」とうたう。鳥取堂にある本は、名和さん所蔵の本もあるが、大部分は、鳥取に関係する人達が寄贈してくれた本。「本が売れるよりも、本がどんどん増える不思議な本屋です」と名和さん。鳥取関係本をきっかけに、鳥取に興味を持って交流体験していただけるリアルな場所になればというのが願いだという。

  • 12

  •  

鳥取専門書店「鳥取堂」(横浜市中区北仲通3)が9月18日、同店が位置する「mass×mass 関内フューチャーセンター(以下、マスマス関内)」でイベント「とっとり来たなかぁ~」を開催する。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース