新型コロナ関連速報:市内76人/県内193人

フォトフラッシュ

Y.S.C.C.ファームが始動 ミャンマーのピエリアン・アウン選手も農作業に参加

Y.S.C.C.(Yokohama Sports&Culture Club)は選手が試合・練習をしながら空いている時間を使い、神奈川区にある農家の手伝いをしている。その中で「元々横浜市は農業が盛んな地域であったが、高齢化問題と若い世代の担い手不足により耕作放棄地が現在問題となっている」という話をきいた。クラブ理念である「地域はファミリー」の観点から困っている人がいれば手を差し伸べる事は必然だと感じ、「何とか協力出来る事はないか」と模索していた中、緑区中山にある三好種苗と、エヌディーワイユナイテッドの協力で、「Y.S.C.C.ファーム」を始めた。Y.S.C.C.は「参加する選手に農業知識はほぼありません。農家さんのお手伝いをしていく中で様々な知識を身に付け、成長する過程も皆様に見て頂き、コロナ禍が収まったら是非地域・サポーターの皆様と農業体験を通じ交流を図っていきたいと思います」と発信している。

  • 0

  •  

日本フットサルリーグ(Fリーグ)加盟チーム「Y.S.C.C.横浜」を運営するNPO法人横浜スポーツ&カルチャークラブ(横浜市中区本牧埠頭3)は、サッカーの元日本代表の松井大輔選手およびサッカーでミャンマー代表だったPyae Lyan Aung(ピエリアン・アウン)選手との契約を締結したことを発表した。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース