新型コロナ関連速報:市内5人/県内9人

フォトフラッシュ

新聞は震災と復興をどのように伝えてきたのか

ニュースパークの企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」に合わせたシンポジウム第1弾「地元紙が伝えた10年とこれから」が2021年8月21日に開かれ、岩手日報や河北新報は今年、震災時の紙面を復刻した紙面をつくったことを紹介した。当時を思い起こさせ、「読者に痛みを与えるかも」と悩みもあったという。県外などに避難・移住して取材ができない人、コミュニティとのつながりを失った人も少なくないとの指摘もあった。写真は震災の翌日、2011年3月12日の河北新報。

  • 0

  •  

ニュースパーク(日本新聞博物館、横浜市中区日本大通)が、開催中の企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」に合わせて、災害や原発事故報道について考える3回のシンポジウムを8月21日から9月にかけて開催する。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース