フォトフラッシュ

シネマノヴェチェントも舞台に 横浜出身、市川徹監督の引退作

横浜出身の映画監督、市川徹さんが、長編映画90作目で監督として最後の作品となる「SWANEE 野毛探偵事務所」の広告宣伝・公開費用の支援を募集している。 クラウドファンディングサイトの呼び掛け文は「ヨコハマ野毛の探偵は、濱マイクだけじゃない!ジョージ・ガーシュインをこよなく愛する探偵ジョージが、横浜を守るために立ち上がる本格派アクションムービー!」。同作の舞台となるのは、横浜。野毛の「ジャズ喫茶ちぐさ」(横浜市中区野毛町2)や、藤棚商店街の客席数28席の映画館「シネマノヴェチェント」(西区中央2)、老舗の伝統懐石料理店「料亭滝川」(神奈川区台町8)、大岡川、蒔田公園などで撮影をした。5月30日13時から「シネマノヴェチェント」で、監督作品の「パッパカパー3、4」を特別上映。上映後に監督あいさつを予定する。

  • 0

  •  

横浜出身の映画監督、市川徹さん(72)が、長編映画90作目となる「SWANEE 野毛探偵事務所」の広告宣伝・公開費用の支援を募集している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース