フォトフラッシュ

横浜スタジアム「収容人数8割へ上限緩和」技術実証にLINEを活用 

神奈川県は、コロナ禍における大規模イベントの開催やガイドライン改定に寄与するため、10月30日から11月1日に、横浜スタジアムの横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガースの試合を対象に、コロナ対策における大規模イベントの人数制限緩和の技術実証を実施している。球場には約8割の観客を入場させる。球場内着席時における感染リスクの検証として、スーパーコンピューターの活用による飛沫影響の検証や高精細カメラ撮影画像を活用したマスク着用率の把握を実施。新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性がある人に通知する「LINEコロナお知らせシステム」は、「ハマスタ技術実証アカウント」と連携。技術実証アカウントと友だちになり、座席番号をチケットの画像付きで登録することで1,000円分のグッズクーポンがもらえる。LINEが受諾した技術実証で、ソーシャルデータバンク(東京都港区)が一部取組みへのシステム構築支援を行った。技術実証は、横浜スタジアム、横浜DeNAベイスターズ、日本電気、LINE、ディー・エヌ・エー、KDDI、横浜市(協力団体)と連携して実施している。

  • 0

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?