フォトフラッシュ

市民の知の交流拠点「オープンナレッジポート」:関東学院大学「横浜・関内キャンパス」

関東学院大学(横浜市金沢区)は10月30日、2022年4月にJR関内駅前に開設を予定していた「横浜・関内キャンパス」の開校を1年延期することを発表した。新キャンパスは、市民の知の交流拠点「オープンナレッジポート」として、大学、企業、市民、起業家など、国内外の多様な主体が集うインキュベーション拠点として、市民に開放する「知の交流」のための多様なスペースが設けられる。地下1階・1階=エントランス、ブックカフェ、スポーツ施設など。2階・3階=ホール、ギャラリー。4階=マッチングオフィス、コワーキングスペース。5階=デジタル図書室。6階~17階=大学となる。

  • 338

  •  

関東学院大学(横浜市金沢区)は10月30日、2023年4月にJR関内駅前に開設を予定していた「横浜・関内キャンパス」の開校を1年延期することを発表した。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?