フォトフラッシュ

六角橋商店街のドッキリヤミ市場で踊るギリヤークさん

ギリヤーク尼ヶ崎さん(90歳)が10月11日、横浜港大さん橋国際客船ターミナルの屋上(通称=くじらの背中)で14時から大道芸を行う。例年は、横浜では5月に六角橋で踊っているが、新型ウイルスの影響で今年はこれまでの全公演が中止、1年ぶりの大道芸となる。2008年から心臓のペースメーカーを使用、2016年に腰が曲がり脊柱管狭さく症と診断、同年難病のパーキンソン病と診断される。演目の一部では車椅子を使用しながら、踊り続ける。写真は2019年5月の六角橋公演。黒子の紀あささんとともに車椅子で登場した。

  • 36

  •  

国内で最高齢の現役大道芸人とされるギリヤーク尼ヶ崎さん(90歳)が10月11日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(以下、大さん橋)の屋上(通称=くじらの背中)で大道芸を行う。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?