フォトフラッシュ

ニュウマン横浜に鎌倉発祥のアロマ生チョコブランド「MAISON CACAO」 

鎌倉市の小町通りに本店を置くアロマ生チョコブランド「MAISON CACAO(メゾンカカオ)」が、横浜駅の商業施設「ニュウマン横浜」(横浜市西区南幸1)1階に姉妹店をオープンした。コロンビアに自社農園を保有し、カカオがフレッシュなうちに、現地でクーベルチュールチョコへの加工を行う同ブランドは、アロマ生チョコレートをはじめ、生菓子、ベーカリー、ドリンク、コスメなど、カカオを使用した商品を展開している。写真は、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の題字を手がけた書家の中塚翠涛さんがパッケージをデザインした「生チョコムース」(2,500円・税別、オンラインで限定販売)。

  • 155

  •  

横浜駅西口に商業施設「NEWoMAN横浜(ニュウマンよこはま)」(横浜市西区南幸1)が24日、オープンした。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース