フォトフラッシュ

横浜シネマリンで「アジアの純真」 井上淳一さん、津田大介さんらのトークも

横浜シネマリン(横浜市中区長者町6)で3月14日から「見て見ぬふりは、もうヤメだ!『アジアの純真』」上映会が開催される。1週間限定で35ミリフィルムで映写する。映画は、北朝鮮による拉致事件で反朝鮮感情が蔓延する2002年秋、チマチョゴリを着た在日朝鮮人の女子高生がチンピラに殺害される事件に偶然居合わせた気弱な日本人高校生と、被害者の妹との出合いから始まるストーリー。出演は韓英恵さん、笠井しげさん、黒田耕平さんほか。14日の上映後には、末永賢さん(本作助監督、今夏公開ドキュメンタリー「頭脳警察」監督)と井上淳一さん(本作脚本、「誰がために憲法はある」監督)、15日は、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」の総合芸術監督の津田大介さん(ジャーナリスト)と井上淳一さんによるトークイベントが行われる。開映=19時、終映=20時55分。

  • 45

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース